• ¥ 500
  • ロクロクの会の冊子

  • ¥ 800
  • 【残部極少】大田一廣 連載 塚本邦雄ノオト(二)―〈喪〉の詩學―/山下雅人 短歌 「永久放浪少年」/五十嵐 淳雄 特別寄稿-塚本邦雄の韜晦さについてー/玲はる名 掌編エッセイ 和国から遠く離れて/詩集 時ノ鐘銀行 四 「肉体の灼熱に触れる日に」など http://homepage2.nifty.com/tanka/

  • ¥ 800
  • SOLD OUT
  • 大田一廣 連載「羽は破れてー塚本邦雄ノート(1)」 森本平・短歌連作「蛭のワイドショー・明日の朝刊コーナーより」 三宅勇介「短歌における石原吉郎の位置と姿勢についてー歌集『北鎌倉』試論 ただ「音楽に意味が邪魔で 枡野浩一の初期短歌作品を味わう」 他

  • ¥ 500
  • 【残部極少】 Guest ・広瀬犬山猫  短歌  バカ30抄  短歌  不真面目 ・望月健太郎(イラスト)  「BAKA」(短歌とのコラボ) ・三橋直樹  短歌 魚語文法  連載 逆幻視(2)   「僕もまた最初の日から、   自らの空しい内部について」  他。 ・玲はる名  誌上詩集「時ノ鐘銀行2」   花の咲く場所、朝、地上絵   アクセル、声、母樹  他。

  • ¥ 500
  • Guest ・江田浩司  短歌  ひろりんの恋愛日記 ・三橋直樹  短歌  たそがれに踊れ 他 ・玲はる名  誌上詩集「時ノ鐘銀行」  杜鵑草他 残部あります!

  • ¥ 500
  • 2009年9月1日 詩集  朝が来ると信じているのだね 創作と朗読の繰り返しによつて 積みあげられた十八編

  • ¥ 300
  • SOLD OUT
  • ■本号のトピック ゲスト書評    ------堀合昇平 第一歌集『提案前夜』評 金尾 釘男   未来の金尾釘男さんに書評を書いてもらいました。   これはいますぐ提案前夜を買いにゆこう! という気になりますよ! 短歌 「冬の星」 間瀬敬   「やさしい日本語」を使った試行的短歌。   母国語が外国語となる人向け、   日本語初級終了程度の言葉で書かれています。   外国人でも分かる日本語で、現代仮名遣いです。 覚書 万葉集と古今和歌集のあいだ(一) 間瀬敬 スキマ・エッセイ 猫のゼンバのこと(一)井出匠 掌編エッセイ 和国から遠く離れて(一)「山の間の霧」を中心に 玲はる名 読書する歌集評 杉本明子 第四歌集 『白き峰々』を読む (一)玲はる名 魅弥華韻の文章。 その82「マーガリン」 短歌21世紀メール歌会まとめ 【全16頁】 ブログ:新歩保和(ポポオ)のバラック http://popoo.publog.jp/